相続手続・遺言・成年後見・家族信託は
おまかせください

隼法務事務所

遺言

遺言サービス・
生前贈与サービス

遺言書は法律の規定に従い作成しなければ無効になります。最後の意思を無駄にしないために私たちプロにお任せください!

遺言書の種類と各遺言書のメリット・デメリット

①自筆証書遺言

メリット
  • ア、費用不要
  • イ、自分一人で作成でき、内容を秘密にできる。
デメリット
  • ア、自分で作成するため、方式不備で無効になるおそれがある。
  • イ、遺言者の死後、遺言書が発見されないおそれがある。
  • ウ、相続人による、隠匿、改ざんのおそれがある。
  • エ、家庭裁判所の検認手続きが必要。

②公正証書遺言

メリット
  • ア、法律専門家の公証人が関与するため、方式不備などのおそれがない。
  • イ、公証人役場に保管されるため、偽造改ざんのおそれがない。
  • ウ、家庭裁判所の検認手続きが不要。
  • エ、字が書けなくても作成可能。
デメリット
  • ア、公証役場に支払う費用がかかる。
  • イ、証人2名の立会が必要。

費用について

項目 報酬 実費
自筆証書遺言 3万円~ なし
公正証書遺言 5万円~ 1万6,000円~
贈与の登記 4万円~
(申請件数1件につき) 不動産の評価額の2% (例)1000万の不動産の場合
登録免許税20万円

その他費用についての詳細はお問合せ下さい。